キャッシング会社のワナにひっかからないように

キャッシングをして返済できなかった借金には当たり前ですが請求書が届きます。でも返さなくなって5年が経てば借金は時効にできます。キャッシング会社からの請求書は時効成立を防ぐワナのような物。

日本保証による負債の時効日本保証は、がんらい商工分割払いを行っていた日栄のちのロプロという法人なのですが、法人更生法や社名移行などを経て現在の団体日本保証となっています。

15年前の借金のリコールなどを行ってあり、ほかの法人の15年前の借金の返納リコール任務を行っています。

こういう法人から15年前の借金の決断の督促が来た事例などには、時効はあるのでしょうか。

そこがポイントですよね。

日本保証から15年前の借金の返納の督促が来ている場合には、最後に15年前の借金の決断をしてから5カテゴリーが経過していれば、原則として時効です。

たとえば倒産した武富士なんかは5年限り経過しているケーよね。

5カテゴリー限り経過したのちに、督促状などが来て電話などなんらかの連絡を取ってしまい、15年前の借金のひとつを認めてしまうことになってしまったら、時効がクリアーせず、ますます15年前の借金の決断の役目が発生します。

最後の決断から5カテゴリーが経過している場合には、自分で自ら連絡を取るのもいいですが、時効に失敗したくないなら弁護士などに相談講じる企画もあります。

日本保証は様々な法人からの債権リコール任務を行っていますので、別の金融機関からの負債であっても、こういう日本保証が代行して行っている場合もあります。

身に覚えのない結果あれば支払う必要はありません。

必要以上の督促などであれば、お巡りさんなどに相談することもできます。

相談する際には司法書士事務所か弁護士が安心です。

万が一なんらかの法的ダメージになった場合は、弁護士であれば当事者に代わって裁判進め方を行う権限を持っていますので、万が一に備えて弁護士に相談することは強みになります。

無料で相談こなせる場合もありますので、インターネットで調べてみましょう。

また弁護士やし司法書士事務所を捜し出す場合は、法テラスによることもいいかもしれません。

こちらに書かれている通り昔のキャッシング未払いは時効ですよ!のように自分でも行えます。