他のピアノ教室でのレッスン制度

他のお教室ではどんなレッスン制度なのか、2ヶ月か3ヶ月程通い続けない限り中々分からないかもしれません。私が通うピアノ教室の生徒仲間の間でも、他のお教室のレッスン制度についての話題は絶えません。

私が通う教室では、基本的に1レッスンは入退室を含めて45分です。それから時間を固定する場合のレッスンは月謝制です。毎週か、それか月1回、隔週で月2回のレッスンが可能です。勿論毎週通うことも出来ますが、練習時間を中々多く作れない大人にとっては、月1回か月2回が妥当です。ですがこれだけではありません。私の通う教室では、独特のレッスン方式があります。
それは月謝制レッスンと単発レッスンとの併用です。更に単発レッスンは、45分と90分があります。90分の場合には、45分ずつに2分割するか、30分ずつに3分割することが可能です。また、30分と60分に分割することも出来ます。因みに1ヶ月で90分を使い切れなくても、翌月に移すことが出来ますので、安心して毎月余裕を持って日程を組むことが可能です。
私の教室では、座学と歌のレッスンも取り入れられています。ですが月1回・月2回のレッスンで、これら全てを行うことは不可能です。毎週通うことが望ましいと知りながらも出来ない状況です。なので不定期であっても自分が自由に使える時間に、レッスン予定を入れることが出来るのです。一気に90分を入れることも勿論可能です。私の場合は、月1回は固定した日時のレッスンと、自由に組み替え可能な90分レッスンを1セットです。固定レッスン以外は、単発で自由に日程を組むことが出来ます。
他の生徒さんと鉢合わせすることがあるのですが、先生は、微妙に時間が重複するレッスンの組み方をして下さいます。先生は敢えてそれを狙って、他の生徒さんとの交流もできるようにして下さいます(他の方のレッスン予定は秘密ですので誰かと会えるかどうか、誰と会えるかどうかは「お楽しみ」です。)
大人の場合には短くても先生に指導して頂く時間を作ることが、上達の大きな鍵でしょう。勿論自分の希望が必ず実現するわけではありません。自分の希望する時間を必ず確保したい場合には、固定レッスンを希望するべきでしょう。
ですが、先生と相談しながら日程を組むのも、レッスンの一つの醍醐味です。
特にこれから個人でピアノ教室を営まれようとお考えの方にとって、ご参考になれば幸いです。

水素の発生量ランキング