しわを改善する化粧品の選び方

しわの改善に役立つ化粧品は多く販売されており、値段もさまざまでどの商品を選べば良いのか分からないものです。しわ対策用に販売されている商品を購入する場合には、化粧品の選び方のポイントを押さえて、しわ改善効果があるものを選ぶようにしましょう。現時点で、自分のお肌はどのくらいのしわがあるのかを、最初にチェックしておきましょう。

しわがそれほど深くまで刻まれてしなければ、表層だけのしわですが、場合によっては真皮層までしわができている場合があります。浅いしわは、乾燥が主な原因となっている場合が多く、目元や口元にできやすいのが特徴です。お肌を指で引っぱった時に、しわが目立たなくなるくらいなら、浅いしわだといっていいようです。浅いしわは、セラミドやヒアルロン酸などの肌に潤いを取り戻す成分が入っている化粧品で保湿をすることで改善します。空気が乾燥する時期には、部屋の中で加湿器を使うなど、肌の乾燥を防ぐことで化粧品との相乗効果も期待できます。指で引っぱってもしわが残っている場合は、深層までしわがある場合があるようです。しわが深くまで達している場合、肌の弾力が失われ、ハリがなくなっているせいでしわになっています。ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールなど肌に浸透した後にハリや弾力を取り戻すコラーゲンを生成してくれる成分が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。しわ解消を目的としてスキンケア用品を選ぶ時は、しわの状態を見て化粧品を選択しましょう。
ルーナナチュラルアップクリーム 効果